HOME > 葬儀について > 葬儀後の火葬の流れ

葬儀後の火葬の流れ

告別式が終わると棺が前に出されて蓋が開けられると、遺族や近しい人たちが故人と最後のお別れをすることになります。
これは一般にお別れの儀と呼ばれるもので、その際にはあらかじめ用意してある祭壇に活けられていた生花の茎を除いた花の部分だけを棺に入れる習慣があります。この花は別れ花と呼ばれることもあるそうです。お別れをする際には、故人が生前使っていたものや愛用していたものなどを入れたいと考える遺族が多いようです。しかし、火葬がきちんと行えなくなる可能性もあるので、あまりたくさんのものを詰め込まないほうが良いそうです。
故人の遺品などは棺に入れて一緒に火葬せずに別の木箱などに入れ、一緒に納骨するのも良いかもしれません。
指輪やメガネなどの貴金属類は、火葬の後骨壺に収めるのが良いとされています。

棺の蓋を閉めたら、棺を霊柩車に運び入れるという流れになっています。
近年は自宅葬儀の場合、玄関から運び出すのが一般的となっています。しかし、昔は日頃出入りをしない縁側などから運び出すなどという風習もありました。最近はこだわらなくなっているようですが、それらの風習が残っている地域もあるので事前に調べておいたほうがスムーズに行えるでしょう。棺を霊柩車におさめたら、その場にいた人に向けて喪主か遺族の代表が出棺の挨拶をすることになっています。火葬場に到着したら、まず火葬許可書を係員に渡しますが、これは葬祭業者が代行してくれます。そして、火葬炉の前に棺を安置してもらい、その前の祭壇用の小机に遺影を飾ります。ここで納めの式という最後のお別れをします。
僧侶が同行していれば、読経と喪主、遺族、親族と故人と関係が深い順番に焼香を行います。同行しない場合は係員の支持に従って焼香します。
そして棺を火葬炉に納めるときには一同合掌して故人の冥福を祈ります。

火葬に要する時間は設備によって異なりますが1時間から2時間ほどかかることも多いようです。
その間、遺族は控室で待つことになります。お茶やお茶菓子、お昼時であればお弁当などの食事を提供することもあります。この際に残ったお茶菓子などは持ち帰らないことがしきたりとなっているので、注意が必要です。火葬が終わったお骨を骨壺に収めることを骨上げ、収骨、拾骨などと言います。多くの場合、2人1組でひとつの骨を拾い上げますが、これは地域によってやり方が異なっているようです。初めに歯を、それから足から頭のほうへと順番に拾い、骨壺の中で立った姿になるように収めていきます。そして最後の喉仏の骨は故人といちばん関係が深い喪主が拾うのが一般的となっています。
それが済むと係の人が骨壺を白木の箱に入れて白い布で包んでくれます。そして埋葬許可書を渡されるので、紛失しないように骨壺に入れて持ち帰るようにします。埋葬許可書は納骨に必要なので、きちんと保管することが必要です。

次の記事へ

PAGE TOP