HOME > 葬儀について > お安く葬儀をするやり方

お安く葬儀をするやり方

葬送に関する考え方は近年急速に変化をしており、葬儀の形態も昔に比べると選択肢が豊富になりました。
昔は豪華な祭壇や大人数の参列者を募ることが良い葬儀だと考えられていたようです。もちろんその頃は、葬儀に費用を多く費やすことが良いことだと考えられていた傾向もあります。また、当時は3世代での同居が一般的であったため、葬儀を行う際にも人手が多くありました。祖父母の世代の誰かが亡くなれば、その子どもの世代が葬儀を執り行い、孫の世代はそれを見て人が亡くなるということを実感したり、葬儀のやり方を学んでいっていたとされています。
それが、現代では核家族化が進んでおり、集合住宅のような郊外の家に比べると小さなスペースの家に住んでいることも少なくありません。
そのため、自然な流れとして昔のような大規模な葬儀は行われなくなっているようです。同時に、非常に高齢で長寿を全うする人も多くなっており、その家族や友人たちも高齢となっている場合が多いため、参列者の人数が少ないこともめずらしくありません。これが、近年葬儀の小規模化を進めている要因だと考えられています。

小規模な葬儀が全国で支持されるようになっていますが、この傾向は特に都市部で強いようです。
住宅事情などの関係もあり、自宅で葬儀を執り行う遺族は少数派となっていきています。今では多くの遺族が斎場で葬儀を行っていますが、昔に比べると安い費用で行えるようなプランも提示され始めています。最近は、葬儀に費用をかけるのが良いという考え方もあまりなくなってきており、安くする方法もあります。
これは、ただ遺族が葬儀にお金を出したくないということではなく、故人が生前に費用をかけず、安くあげてほしいと希望するためであるとも言われています。

また、最近は宗教的な儀礼にこだわらない人が多くなっています。
その場合、火葬のみのプランなどもあり、これは直葬と呼ばれていますが、最も簡素でお金のかからない葬送の方法となっています。家族葬なども葬儀を安くすやり方のひとつではありますが、これは参列者の人数を制限すると言う意味合いが強いため、直接的に安い費用で葬儀を行えるということではないそうです。ここ数年の傾向としては、費用をかけず、安く行いながら、心を込めたお別れをするというプランが人気となっています。
お通夜や告別式などきちんとした形態の儀礼がなくても故人と最後のときを共に過ごし、お別れをすることは不可能ではありません。

次の記事へ

PAGE TOP