スポーツボランティア情報の際に抑えておきたいポイント

スポーツボランティア情報といっても、かかわる期間や求められる専門的な技術などによって、種類がたくさんあります。長期間のスポーツボランティア地域のスポーツクラブにおける監督やコーチ、短期間のものには不定期に開催される市民マラソンなど、イベントのボランティアがあります。また、なかには現役のプロスポーツ選手が指導をおこなったり、地域のイベントに参加するようなものもあります。これらのボランティアに参加することによって、たくさんの人との繋がりができたり、社会や人の役に立てたという実感から喜びを味わうことができ、新しい価値を得ることができます。では、スポーツボランティアに参加する方法を紹介します。まずは参加したいスポーツ活動を探し、事務局へ連絡します。そして、スポーツボランティア登録を完了させます。その後、事務局からボランティアの募集案内が届きますので、指示に従って参加することができます。

どのように関わりたいのか、生活スタイルに合ったものを探しましょう。

まずは自分がどの程度かかわることができるのか、見極めましょう。まずはどのようなスポーツボランティア情報があるのか、インターネットを使って調べてみるのもいいかもしれません。その際に気を付けないといけないことは、自分はどのようなスポーツボランティアに参加したいのか、参加できるのかということです。なんとなく始めたい、一回ためしにやってみたいという人もいれば、継続的にライフワークの一環としてやってみたい人もいるでしょう。前者の場合は地域で不定期に行われるスポーツイベント、後者の場合はツポーツクラブのコーチ、監督などが向いているといえます。気を付けないといけないのは、スポーツボランティアが負担にならないことです。まずは自分にはどういった形態があっているのか、普段の生活から見極めてください。

ブラックボランティアにならないように注意しましょう。

スポーツボランティア情報を検索していると、ブラックボランティアという言葉が目に入ってきます。ボランティアの目的は自らが人と関わり、助け合うことを楽しむことですが、楽しみ方を間違えると悪質なように捉えてしまいます。わざわざ交通費を払って遠征し、夏の暑い日に長時間、長期間にわたり無償で働くというように捉えてしまうと、それはもうボランティアではなくなっています。参加するための条件には○時間以上、○か月以上といったように、労働と同じようなことが書かれているため、ついついただ働きのように捉えてしまうかもしれません。スポーツボランティアは自発的に参加するものであって、労働のように強制されるものではありません。本来のスポーツボランティアは、自分ができることをできる範囲で行い、大会の運営などを楽しむことです。始める際には内容をよく理解したうえで参加することが大切です。