スポーツボランティア情報の種類を紹介

スポーツボランティアとは、スポーツイベントの運営を支える無料奉仕スタッフを指します。また実際のスポーツイベントだけではなく、スポーツ選手やスポーツ団体の競技指導や講習会などの受付や会場作りなどの無料奉仕スタッフのことを指します。2011年にスポーツ基本法が制定され、その中でも言及されています。その内容としては特に普及促進についての話があり、市町村が積極的にスポーツボランティア情報を普及し、特に功績のある人に対して、功績を称えることで推奨活動をしていく、地域住民が日常的に参加できるようなイベントの運営や実施を行える環境を整えることを期待するなどが記されています。またボランティアとしてのスキルアップができる講習会なども用意されており、上級者は、講習会の講師なども行って、スポーツ運営の手助けをより幅広く行うことができます。

スポーツボランティア情報には多くの関わり方がある

スポーツボランティアは運営を支えていくことや、イベントを支えていくことが主な目的ですが、イベントを支える上で、本人たちのスキルに、大きく頼る事になります。受付や事務という仕事から、応急手当、障がい者の方たちへの対応方法など、あいさつや接客のような基本的なものから、緊急時に必要な知識までさまざまなスキルを必要とします。自分がどのようなスキルがあり、どのような活動ができるのか不安だが、一度やってみたいという方はスポーツボランティア研修会というものを開催している非営利団体もあり、基礎知識から実践知識、運営能力、安全管理とさまざまなことを学べる組織があります。また能力別という視点は、本人のスポーツの関わり方によってもさまざまです。このようなスポーツボランティア情報は団体の公式HPから見ることができます。

スポーツホランティア情報は参加することがまず第一歩となる

スポーツボランティア情報の中で事務や各種対応のようなボランティア、また元アスリートの方々の参加や訪問のようなボランティア以外に必要とされているのは、審判や監督のような、そのスポーツにおけるより高度な知識と経験を持つ方々のボランティアです。地域のスポーツクラブや少年団などの監督の方たちのなかには、ボランティア参加されている方もみえます。このように運営管理、イベント管理だけでなく、日頃からスポーツ活動を支え広めていく活動も求められています。どのようなボランティアにも言えますが、必要としている人がいて、しかし資金源が足りない、そんな時に手を貸してくれる人がボランティアです。ボランティアでも専門性の高い分野になれば責任も出てきますが、そればかり主張しては尻込みしてしまいます。まずは市町村が市民と一緒になり、気軽に始めることが、スポーツボランティアの重要性を知ってもらう上で大切なことです。